目の下にクマには3種類存在する|適切な対処で健やかFACE

美容

青クマの対処

女性

目の下にできる青クマは睡眠不足の他にも、ストレスや眼精疲労が原因とされています。最近、パソコンを使うことが一般的となってきました。パソコンのモニターを見続けるだけでも眼精疲労の原因となり血流が悪くなってしまいます。

»もっと詳しく

黒クマの対策

女性

目の下にできる黒クマには、2種類のタイプがいると考えられています。加齢によりコラーゲンが減少し弛みによる影、または先天的なものが考えれrコラーゲンを作る成分を吸収することで改善が可能です。

»もっと詳しく

茶クマの対処

女性

魔の下にできる茶クマには、表皮上にでるタイプと真皮といわれる皮膚の奥深くに出来てしまうタイプが存在します。それぞれ、治療方法が変わってくるのでどのタイプか理解する必要があります。

»もっと詳しく

目の下のクマ

理想的なバストにしたいなら豊胸手術をコチラのクリニックで受けませんか?医療体制も整ってるので、安心ですよ。

女性

多くの人は、一度ぐらいは目の下にクマが出来たことがあるでしょう。目の下にクマができるのは寝不足が原因ではないかと考える人も多いようですが、目の下にクマができるのは単に寝不足が原因だけではないのです。目の下にできるクマの種類によっては、身体の不調のサインだとも言われています。単に寝不足だけが元ではないので、目の下にくまが出来てしまった場合よくよく観察をするのが大切になってきます。加えて、目の下にできるクマはいくつか種類が存在するのです。青クマ、クロクマ、茶クマと3種類も存在します。もちろん、3種類とも原因が異なり対策方法が全くことなってくるので、自分の目の下にクマが出来てしまった場合はどのタイプのクマかしっかりと見極めなくてはなりません。

青クマ、黒クマ、茶クマと3種類のクマの種類がありますが、その前に人の目の構造を少し理解するとクマができてしまう原因もとてもわかり易いと言えます。人の目の周りには、夥しい数の毛細血管が張り巡らされています。その、夥しい数の毛細血管に血液が栄養と酸素を運んできます。さらに、人の眼球の周りに衝撃などを吸収するためのクッションの役割を果たす専用の脂肪があるのです。眼窩脂肪と言われる脂肪で眼球を覆うことで目を保護する役割を果たしています。その眼窩脂肪を、目の瞼が支えることで目を守り維持しているのです。瞼の皮膚はとても薄く、皮脂腺も他の場所と比べると少ないのが特徴なのです。そのため、目は非常に乾燥しやすい部分であり、皮膚が薄いことで刺激による色素沈着というのがはっきりとわかりやすい場所になっています。目をこすると目の下のあたりが赤くなるのはそのためでしょう。